田舎暮らしで注目したい助成金や自治体の制度

Pocket

自治体のビル

田舎暮らしをするにあたって、どこに移住しようかと悩む人も少なくないと思う。どこかにツテがあるならばともかく、全くの0から移住先を選ぶ場合は、決め手に欠いてなかなか決断できなかったりするものだからだ。
田舎暮らしで注目したい助成金や自治体の制度についてあれこれ調べた結果、かなりお得な制度もあることが判明。背中を押してくれる一因となってくれる…かも?

自治体のさまざまな支援制度を調べよう!

過疎化に悩む自治体★

過疎化と高齢化に悩む地域は、集落機能が低下し、維持することが困難になっているため、若い世代にIターン、もしくはUターンしてもらい、若い働き口を増やす必要がある。そのため各自治体ではそれぞれ、移住支援制度を提供している。一般社団法人移住・交流推進機構のホームページに各自治体の支援制度がまとめられている。

様々な支援制度☆

移住する上での不安と言えば、職を確保できるかどうかだが、例えば、移住先で開業をしたい場合に最大1000万円まで融資をしてもらえたり、移住先で農業を始めたい場合に機械や施設を無償で貸与してもらえたり、また仕事はそのままに新幹線の定期券購入代金を補助してもらえたりなど、その支援の種類や数は様々だ。
中には移住するだけで150万円が奨励金として交付されるケースや(若者・子育て世代対象)、田舎暮らしには欠かせない車生活のために、ペーパードライバーの教習料が助成されるケースなど、各自治体によって個性が違うので、比較してみるのも面白い。

子育て支援の制度あれこれ☆彡

シングルマザー・ファーザーにも優しい☆

自治体によっては子育て支援に力を入れているところもある。母子家庭や父子家庭限定で児童が20歳未満である場合に医療費を助成してくれる自治体や、深夜勤務の保護者の子供を翌朝まで預かり保育してくれる自治体などがあるので、深夜帯に働くシングルマザーも安心の制度だ。

教育面での支援制度☆

小学校に入学する児童を対象にランドセルを支給する制度や、中学校まで週5日の完全給食を提供してくれる自治体など、教育面での支援制度も見逃せない。また学業優秀、品行方正、かつ経済的理由などで就学が困難な対象者に対して、返還なしで奨学金を交付する制度や、保育・看護を目指す人に現金の支給があるなど、教育を受けるための支援も充実している。
家の購入やリフォーム、家賃の補助もある☆彡

住まいに関わる支援制度☆

移住するにあたって重要なのが住まいということもあり、全国各地の自治体が特に力を入れているのが住まいに関わる支援制度だ。
住宅を取得すると最大で150万円、また空き家などの古民家のリフォームをすると最大で200万円の助成金が支給されるケースもあるので、移住先の決め手がない…という人の背中を押してくれる制度でもある。
他にも若者世代・単身世帯を対象に賃貸住宅の家賃補助が最大3万円まで商品券として60ヶ月支給され、さらに助成期間内に子供が産まれた場合は、その子供が中学を卒業するまでその助成が続くという制度もある。タイミングがうまくいけば20年近く助成金を貰い続けることができるので、3万円×12か月×20年=…。これから田舎で子育てを始めたい人は必見だ。

移住をなかなか決断できないならば★

「移住したいけれど失敗したらどうしよう…」「どんなところかちゃんと調べてから移住したい」移住は一生を左右する決断でもあるため、慎重になるのは当然のこと。
そんな人はまず移住候補地に滞在し、実際の雰囲気などを体感してから移住を決めることをおススメする。移住の検討を目的に滞在すると、宿泊費、及び交通費の一部を補助してくれる制度や、地域の生活を格安で体験できる制度などのお試しを活用してワンクッション置くと、移住へのハードルが下がるかもしれない。

その他の田舎暮らしの経済についてはこちら → 田舎暮らしは、交換経済?

まとめ

各自治体によって移住に関する支援制度は様々だが、より個性的な支援制度もある。何かピンとくるものがあれば候補地に入れてみるというのもありなのかもしれない。

Pocket